北九州における緊急時対応と要介護度の関係

2017年07月21日

 8月からの訪問看護ステーション開設が決まり、北九州の居宅介護支援事業所(ケアマネさん)へ挨拶に伺っております。本当に多くの方が暖かく迎え入れて下さります。さて、そんな中、いくつかご質問を受ける機会があったので記事にまとめさせて頂きました。

 現在、北九州市内の居宅介護支援事業所に挨拶に伺っています。早速、訪問の依頼も頂いております。本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 当ステーションは緊急時加算を取っていないのですが、その点や事業所に対するご質問をいくつか頂きましたので、参考として下記に記載させて頂きます。


ー緊急時の対応をしていないが、ニーズはあるのかー

 当社としては、十分にニーズがあると考えております。その理由の一つとして、介護保険利用者の要介護度を挙げさせて頂きます。

 現在の北九州における要介護認定者数はこちらの記事を参照して頂きたいと思いますが、全体の割合を見てみると、要支援~要介護2までの方は何と約7割に上るのです。要介護3~5の方が多いイメージかもしれませんが、実は逆なのです。

 もちろん、介護度が軽度の方すべてに訪問で看護師が関わる必要はないと思いますが、認知症の方など、体が動くため介護度が軽度という方も多くいらっしゃると考えられます。また、介護度が上がらないように予防目的でリハビリテーションに取り組む必要性やニーズが高まっていると考えられます。


ー他事業所と併用はできるのかー

 はい、可能です。当ステーションは看護師の緊急時の対応を行うことができませんが、療法士が特定疾患や医療依存度の高い方のご自宅に訪問することは可能です。その場合、緊急時の対応を行っている訪問看護ステーション事業所との利用を併用することもできます。

 ただし、医療保険の場合は週3回以上の訪問が組まれていることが条件です。介護保険の場合はケアプランに組んで頂ければ同日における複数事業所の介入は認められています。


ー自費リハビリと介護保険の併用は可能かー

 もちろん、可能です。自費リハビリは当社独自のサービスとなっていますので、介護保険との併用ができます。実際に、8月から介護保険を利用したリハビリと当社の自費リハビリを併用する予定の方もいらっしゃいます。

 介護保険利用限度額を超える場合、1時間のリハビリでは実費負担が9,000円前後となってしまいますが、当社の自費リハビリの場合、6,000円と価格を抑えた設定となっております。

 実は、福岡など九州地方では、自費リハビリという概念は全く広まっておりませんが、大都市圏では注目されているサービスです。

参考記事:保険外診療の可能性


ーなぜ緊急時の対応を行わないのかー

 このご質問に関しては、いくつかの理由があるのですが、最大の理由は当社で働く看護師の労働条件を整えたいという想いがあったからです。これは会社を運営していく上で最も大切なことだと私は考えております。

 地域で看護師と仕事をしてきた経験上、緊急時の対応というのは本当に重大な責任やプレッシャーがかかるものだということを感じております。オンコールの対応で心身ともに疲弊し、訪問看護師を辞めたという方を何人も見てきました。「地域で働きたいけど、訪問看護師を続けることができない」という状況を減らしたいと思ったのです。

 そのため、最初の事業所はオンコールのない事業所を開設することにしました。もちろん、緊急時の対応が必要な利用者さんも多くいらっしゃいます。そのため、今後の展開としてターミナルケアや見取りを行いたいという看護師が集まった段階で、緊急時対応ができる別事業所を開設しようと考えております。

 また、働きたいけど育児が大変だということも度々、耳にしておりました。資格はあるけど働きに出ることができないという方も多いと思います。当社では、子育て応援求人として、残業のない働き方の提案や時短制度/フレキシブル制度を設けております。地域で一緒に働いてくれる看護師を大事にし、長くキャリアを積んで頂ける様に、今後も更なる企業努力を続けていきます。


ー利用のタイミングや流れがいまいち分からないー

 あまりケアマネージャーとしての経験がないため、どのタイミングで、どのように訪問看護を利用したら良いか分からないという意見も頂きました。そう言った場合は、遠慮なく電話やメールでお問い合わせ下さい。当事業所を利用してない場合でも、可能な限りご質問にお答えさせて頂きます。ケースに合わせて具体的に相談/提案を行います。


 以上、簡単では御座いますが、多く挙げられたご質問やご意見について記事にさせて頂きました。今後とも、当社と当ステーションをよろしくお願い致します。

Facebook page

 Facebook pageでは、医療/福祉などのニュースを取り上げています。ご興味のある方は、最新の情報が届くようにフォローをお願い致します。