リハビリ小説-閉ざされた世界編1-

 目を覚ますと白い天井が目に入る。

 何日、いや何年同じ光景を見てきたのだろう。

 これが私の世界だ。



 最初に違和感を覚えたのは10代の頃。

 なんとなく関節の痛みを感じたのが始まりだった。

 関節の痛みに加えて、筋肉の痛みや発熱が続くことが増えた。

 症状が続いたため、私は近所の内科を受診することにした。


 初診では、ただの風邪という診断だった。

 熱に伴う関節痛だという医者の見立てだ。

 今となっては、別にこの医者をヤブ医者だとは思っていないし、恨んでもいない。

 ただ、症状が顕著になってきてからは、本当に地獄の日々だった。


 今までは普通に学校に行って、友達と遊んで、勉強して、部活して、時にはファミレスで恋話をしたり...

 そんな当たり前の、なんでもないような毎日がこの病気のせいで崩壊した。