(きゅうすけ社長の)読んだら元気になるかもしれないブログ 

介護給付費分科会において、訪問看護ステーションにおける人員配置基準の新設案が挙げられています。これに対し、日本作業療法士協会も所属するリハビリテーション専門職団体協議会は声明文を出しています。この人員基準の新設案は療法士だけでなく、ご利用者様にも大きな影響を及ぼすことが考えられます。

季節が少しずつ秋から冬に向かってきています。夕暮れが一段と早くなり、物悲しさを感じる時期ですね。朝晩の寒暖差が大きくなり、風邪をひきやすい時期でもありますので、体調管理にお気を付けください。さて本日は、11月現在の空き状況をお知らせさせて頂きます。

新しい作業療法のカタチ~訪問型自費リハビリを通じた多様なニーズへの取り組み~と題しまして、福岡県作業療法士協会北九州ブロック研修会で講師を務めさせて頂くことになりました。講義はweb研修となりますので、福岡県作業療法士協会に所属している方であれば、ブロックが異なっても気軽に参加できます。

現在の訪問リハビリの空き状況をお知らせ致します。福岡県内の訪問予定はほぼ埋まっていますが、利用できるサービスがなく本当にお困りの方がいらっしゃれば、ご相談に応じます(早朝や晩など時間外の訪問となります)。その他の時間帯や日程をご希望の方は、キャンセル待ちとなりますので、ご了承下さい。

本日は、福岡県内の訪問リハビリの空き状況をお知らせしたいと思います。新たに2枠の空きができましたので、訪問リハビリをご希望の方は、お気軽にお問合せ下さい。空き時間と曜日の詳細は下記をご確認下さい。前後の予約の関係で、空枠があっても地域によってはお伺いできない場合も御座いますので、予めご了承ください。

この度、第51回高齢期作業療法を考える会(浜松)にて講師を務めさせて頂くことになりました。テーマは、訪問リハビリにおける作業療法実践となっております。この講義はZoomを用いた遠隔講義となりますので、お申込み頂ければ、どなたでもご参加頂けます。

平素より、弊社の訪問型自費リハビリをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。この度、ご利用者様の定期入院予定に伴い、福岡県内での訪問リハビリの空枠が3枠できましたのでお知らせいたします。また、ご案内にはキャンセル待ちの方を優先させて頂いておりますので、ご了承下さい。

自称リハビリテーションという言葉を聞きなれない方が多くいらっしゃると思いますが、これは日本医師会総合政策研究機構が作成した「公的保険外・医療周辺サービス実態調査」の中で用いられている用語です。今、私たち民間の自称リハビリテーション事業者の在り方が問われています。

平素より弊社の訪問型自費リハビリをご利用頂き誠にありがとうございます。現在、ご利用者様数が多く、福岡県内の訪問リハビリはキャンセル待ちとなっています。東京都と大分県では若干の空枠がありますので、お気軽にお問合せ下さい。

一部地域では緊急事態宣言が解除されたものの、外出や通所サービスの利用を自粛されている方が多くいらっしゃいます。デイサービスには行けないけれど、訪問リハビリを受けたいというお声を聞くことが多くなりました。そこで、本日は通所サービスと保険内外の訪問リハビリを併用する方法(制度理解)について記事をまとめたいと思います。