(きゅうすけ社長の)読んだら元気になるかもしれないブログ 

本日は、ご利用者様やケアマネジャー様、知り合いの療法士から寄せられる自費リハビリについての質問にお答えしようと思います。自費リハビリの需要や利用料金、療法士の起業/独立、自費リハビリは違法ではないかという声に私見を述べさせて頂きます。

空き状況一覧ページを新たに設けましたので、ご案内させて頂きます。今後もブログでも空き状況をお知らせいたしますが、空き状況一覧ページも随時更新していますので、是非ご活用ください。

地域や在宅で生活する方のために、利用料金を低額に抑える努力を続けて参りましたが、訪問リハビリの需要増加や新たなスタッフの確保準備のために、10月より利用料金の改定を行います。

お盆期間の訪問についてご案内を致します。お盆期間中もカレンダー通りに平日は訪問リハビリを行う予定となっております。問い合わせフォームからのご連絡にも対応致しますので、お気軽にお問合せ下さい。

現在、訪問スタッフを募集しています。行橋市~北九州市近郊で訪問リハビリや自費リハビリに興味のある理学療法士や作業療法士、言語聴覚士の方を募集中です。募集要項は株式会社きゅうすけホームページ内の採用情報をご覧ください。

現在の訪問リハビリの空き状況をお知らせ致します。訪問枠が埋まっており、お伺いできない場合もございますので、ご希望の方はキャンセル待ちのご登録をお願い致します。

私もAMPS講師として所属するCIOTS JAPANでは、AMPS講習会を開催していましたが、現在はコロナ禍ということもあり、対面での講習会を行うことが難しくなりました。いつでも、どこでもAMPSについて学習したいという要望に応え、アメリカ本部のCIOTSはAMPSオンラインコースを作りました。そして、日本でもAMPS講師による学習支援が始まっており、毎月10名前後の受講生がコースを修了しています。

訪問リハビリでは、ご利用者様個人のご自宅にお伺いするだけでなく、施設に入所されている方への訪問も行っています。この場合、ご利用者様との個別契約を交わし、訪問リハビリを行います。一方で、通所施設等との提携によってリハビリを実施する施設提携型のリハビリの提供も行っております。本日は施設への個別訪問リハと施設提携型リハについてご紹介致します。

首都圏に加えて、福岡県も緊急事態宣言が発令されました。弊社では感染症対策を徹底し、ご希望の方はリハビリにお伺い致します。施設への訪問可否は、施設側の判断に従うことに致します。現在の空枠は以下の通りとなっております。

この度、第24回福岡県作業療法学会にて講師を務めさせて頂くことになりました。教育セミナー3「自費リハ(保険外)領域から視た作業療法の在り方」というテーマでお話をさせて頂きます。市民公開講座には、お笑いコンビの松本ハウスのハウス加賀谷さんと松本キックさんをお招きし、「統合失調症がやってきた」というテーマでお話をして頂く予定となっています。