株式会社きゅうすけは、福岡県行橋市、苅田町~北九州市小倉北区を中心に、保険外での訪問型自費リハビリ事業を行っています。脳梗塞や脳出血、遷延性意識障害、寝たきり、パーキンソン病、整形疾患、子どものリハビリに対応しています。対象者やプログラムの詳細はこちらをご覧下さい。

 病院に入院中や施設入所中の方も自費リハビリをご利用になれます。大学病院や一般病院、介護付き有料老人ホームなどへの訪問実績が多数あるため、お気軽にご相談下さい。

 また、東京都首都圏(板橋区、練馬区、豊島区、北区)での訪問リハビリを始めました。順次、登録セラピスト数により、訪問範囲を拡大していく予定です。


*自費リハビリには医師の指示もしくは同意が必要です

*健康な人に対する予防リハビリは医師の指示無しでどなたでもご利用になれます


最新記事

当社は、福岡県北部(行橋市から北九州市)を中心に訪問型自費リハビリ事業を展開していますが、この度、新たな試みとして首都圏での自費リハビリ事業を展開することを決意致しました。現在、この新しい取り組みにご賛同・ご協力頂ける療法士を募集致しております。

県立広島大学教授の吉川ひろみさんの新書「作業療法の話をしようー作業の力に気づくための歴史・理論・実践」が医学書院より、近日出版される予定です。私も微力ながら執筆に関わらせて頂きました。本書には、作業療法を受けた方のエピソードが多く掲載されており、作業の持つ力を伝えることができるものであると感じています。

どんな仕事においても、選ばれるひとと、そうでない人がいます。同じレベルの知識や技術があっても、選ばれるひとと、見放されるひとの間には、大きな「差」があります。それでは、その「差」は一体どこにあるのでしょうか。

先日、嬉しいことに新たなご縁を頂きました。本当に、いつも良縁に感謝しきれません。今回の自費リハビリは当社の訪問範囲外ではありましたが、出張訪問と言う形で運動指導と生活指導の集中的なリハビリを行ってきました。

スタッフの増員に伴い、訪問範囲の拡大を行います。北九州市周辺に加えて、中間市や遠賀郡への自費訪問リハビリも開始致しましたので、お気軽にお問い合わせ下さい。

働き方改革により、多様な働き方が認められるようになってきています。当社もセラピスト登録制度により、セラピストの自由な働き方を応援しています。現在、新規利用者様の増加につき、セラピストの登録を随時お待ちしております。


Facebook page

 Facebook pageでは、医療/福祉などのニュースを取り上げています。ご興味のある方は、最新の情報が届くようにフォローをお願い致します。